人間のいるところ、かならず生活がある
生活学プロジェクト

2018年度生活学プロジェクトの採択プロジェクトの概要

 

2018年度生活学プロジェクトの採択プロジェクトの概要

会員皆様による生活学プロジェクトへのご理解・ご支援に感謝申し上げます。先日の総会で承認されました、2018年度生活学プロジェクトのうち、採択を受諾する回答がありましたプロジェクトにつき、その概要を紹介します(受諾回答順・申請代表者の方のみ記載、文体は申請通り)。

  • 【研究テーマ】塩田文化遺産を未来へ繋ぐ:「かしょい」を例に
    申請代表者】篠山浩文(明星大学 教育学部)
    日本における塩作りは、1970年代に全ての塩田が廃止され、効率性を重視した工場内製塩に大転換した。しかしながら、昨今、愛媛県の旧多喜浜塩田をはじめとする複数の旧塩田地域において、塩田復元と塩づくりといった塩田文化を未来へと繋ぐ動きが活発である。旧多喜浜塩田地域では、重労働である塩田作業から生まれた「かしょい(相手を思いやる・助け合う多喜浜塩田言葉)」の精神を子供達に伝えたいといった想いがその活動の原動力になっている。現代の我々に欠落しつつある「かしょい」の精神は、未来へと繋ぎたい塩田文化遺産の一つである。本研究では、「かしょい」をはじめとする塩田文化遺産を調査し、それらの未来への繋ぎ方について旧塩田地域住民とともに検討する。
  • 【研究テーマ】新しい食と旧い食:吉備中央町のハラルフードと郷土食を事例に
    申請代表者】笠井賢紀(龍谷大学社会学部・准教授)
    岡山県(とくに吉備中央町)をフィールドとして、食をテーマにした研究を進めるプロジェクトです。吉備中央町はハラルフード先進地であり、米粉のハラル認証取得や商品開発を進めています。他方、「くさぎ菜」という伝統的に郷土食に用いられてきたとされる食材に代表されるように、最近では食べられなくなってきたものもあります。伝統的ではなかったものの地方創生の資源として用いられる新しい食と、伝統的ではあったものの徐々に共有の経験が失われている旧い食が、地域の生活においてどのように受け入れられ共存・共生しているのかを探ります。。
  • 【研究テーマ】読書推進活動によるコミュニティ形成に関する研究
    申請代表者】沼田真一(早稲田大学 社会科学総合学術院 非常勤講師)
    横浜市では「横浜市民の読書活動の推進に関する条例(読書活動推進条例)」が平成26年4月1日に施行され、読書推進計画に基づき、各区で独自の読書推進目標が定められている。本研究は、筆者の参加する市民団体が中心となり、横浜市旭区において展開中である読書推進活動を考察するものである。具体的には、読書推進活動によるネットワークとコミュニティ形成プロセス、およびその特徴を論じたい。
  • 【研究テーマ】研究を社会にひらく「モバイル・ラボラトリー」:『移動する「家族」』の映像実践
    【申請代表者】大橋香奈(慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程)
    申請者は、国境をまたがるトランスナショナルな「家族」関係を営んでいる人びとが生きる生活世界の研究を映像民族誌的な方法で実践し、映像作品『移動する「家族」』を完成させた。本研究では上映会を、「家族」という概念の新たな解釈の可能性を検討するための「ラボラトリー」(加藤 2017)と位置づける。多様な参加者を招き入れるために、移動する「モバイル・ラボラトリー」として構想し、申請者自らが映像作品とともに各地の多様な場所に移動して上映会を実施する。
  • 【研究テーマ】「その場所」で暮らすことの現代的諸相:少年時代の経験が持つ意味を理解する
    【申請代表者】清水健太(早稲田大学大学院・博士後期課程)
    新潟県十日町市の鉢(はち)という集落をフィールドに、現代社会において人が「その場所」で暮らすことの意味を再考するプロジェクトです。今年度は昨年度の成果を踏まえ、住民組織・真生会の人々がなぜ真生会や他の集落活動に積極的に参加するのかを、少年時代の経験という観点から理解することを目指します。集落住民と関わり合う経験を少年時代に厚く積み重ねたことが現在の集落活動への参加に結びついている、という仮説に基づき、そのような関わり合いの機会が小学校や集落においてどのような形で設けられ、いかなる経験の場をなしていたのかを明らかにします。
  • 【研究テーマ】中国循環型畜産業における地域完結型バイオガス資源利用の課題と展望
    【申請代表者】張曼青(大阪大学人間科学研究科・博士前期課程)
    中国において産業化が進む中で畜産と耕種が分断し、大規模飼育場で発生した家畜排泄物が土地還元できず、農業汚染の中でもっとも問題視されてある。そこでバイオガス施設によるメタン発酵処理は再生可能エネルギーのバイオガスと有機肥料の消化液を同時に生成するため、利活用が期待できる。だが、バイオガスの受容性されない問題がある。本研究では農村住民のエネルギー利用にかかわる生活方式とコミュニティーの成り立ちを重視しつつ、バイオガス施設で生成したバイオガスの未活用の根本的原因を見つけ出す。
  • 【研究テーマ】南海トラフ地震の「予感」に関する研究:高知市御畳瀬地区の津波避難所に着目して
    【申請代表者】酒井貴広(早稲田大学・文学学術院助手)
    近年、高知県沿岸部の地域住民たちの間に、将来の南海トラフ地震の被害を高知県内外の災害から予想し加速度的に不安を増大させる心の働き――「予感」――が生まれつつある。本研究プロジェクトでは、浦戸湾西部に位置する御畳瀬地区の人々が抱く「予感」の特徴を、民俗学・文化人類学に依拠した聞き取り調査から明らかにする。さらに、得られたデータと先行する災害研究や公共性論との比較を通じて、御畳瀬地区の人々の防災・減災に寄与する具体的な方策を探る生活学的アプローチを試みる。

 

2017年度生活学プロジェクトの採択プロジェクトの概要

 

2017年度生活学プロジェクトの採択プロジェクトの概要

2017年度も、前年度に引き続き、数多くの応募をいただきました。限りある予算の中で、採択を受諾された13(個人またはグループ)の応募者の方に感謝いたします。以下概要を紹介します(順不同・申請代表者の方のみ記載、文体は申請通り)。

  • 研究テーマ:明舞団地における「整理収納モノ」研究
    申請代表者:小林 朗子(武庫川女子大学 大学院)
    モノとの関わりは生活する上では断つことはできない。高齢社会において、日常の整理や住み替えの際の整理、生前整理など高齢期においてモノとの関わりがもたらす影響も変化していく。その中で今後の高齢社会において、モノをどのように整理収納を進めていくことが個々にとって望ましいのか、兵庫県の明石市と神戸市舞子にかかる明舞団地での事例を収集し、整理の仕方やモノへの考え方、特性を研究する。
  • 研究テーマ:都市の水辺利用を支える「親水型コミュニティ」の活動展開とその実態調査
    申請代表者:菅原 遼(日本大学)
    近年、都市の水辺への市民意識の高まりに伴い、水辺利用に係わる組織・団体が多様化しており、特に水辺利用を意図した都市型コミュニティが多主体間を繋ぐ中間的組織として機能してきている。本研究では、こうした都市の水辺利用を支える「親水型コミュニティ」に着目し、その活動展開の実態と多様な組織・団体間における都市の水辺特有の課題点を捉え、今後の都市の水辺の公私計画・マネジメントのあり方を検討する。
  • 研究テーマ:社交料飲業における親密性および公共性研究
    申請代表者:小関 孝子((一社)社会デザイン研究所)
    2017年度の調査では、2016年度の調査結果をふまえて、銀座における社交料飲業の「業態」がどのように変化してきたのかについてまとめたい。具体的な作業としては、明治から現在に至るまで、新聞雑誌など各種メディアで「夜の銀座」がどのように描かれているのかを拾い集め、商業史の文脈で銀座研究を行う基礎固めを行う。特に、戦前に流行していたカフェーの「女給」がどのような生活を送っていたのかについて調査する予定である。
  • 研究テーマ:室内犬、完全室内飼いのネコと人間の生活の実態調査-京阪神の戸建住宅でのケーススタディ
    申請代表者:壽崎かすみ(龍谷大学)
    京都市内および阪神間の住宅地で犬や猫を飼育している人が、犬や猫とどのように同居しているかを調査する。2016年度はマンションで犬を飼育する人の状況を中心にデータを集めたので、2017年度は、マンションでの猫飼育、戸建てでの猫飼育、そして、戸建てでの犬の飼育に範囲を広げて調査する。犬の飼育については、マンションでは管理規約等の関係から小型犬(チワワなど)を飼育する人が大部分だったが、戸建ての場合は中型(柴犬など)・大型犬(ラブラドールなど)の飼育者が一定数いると予想され、その意味でマンションとは異なる実情が確認できると予測している。猫についても、マンションでは管理規約の関係で完全室内飼育のみだったが、戸建ての場合は室内と室外を自由にさせる飼育方法をとる飼育者のケースがみられることが予測される。
  • 研究テーマ:過疎化する農村集落の活性化、集落に残る民家の活用、中・高年者の集団による地場の伝統技術を生かしたものづくり、生涯現役で生き抜く生きがいを有機的に結ぶプロジェクト2
    申請代表者:金田正夫(無垢里 法政大学)
    新潟県高柳町荻ノ島集落において、永く育んできた技術や地場素材を生かしたものづくりを通じて、生涯を現役で生き抜く人生、環境との共生、村の活性化、空き家民家の活用を有機的につなげる試みです。昨年は地場の粘土を使った民家土壁塗り、陶芸釜の製作、囲炉裏造り、和紙作り、葛糸造りが試みられました。今年度は定住者を迎えて無農薬の野菜・米の生産・加工・供給が加わり、村の生活に緊密に関わる第二段階に入ります。この試みが現実化できるなら他地域の空家民家活用・過疎の解消・生涯現役の生活つくりに発展させていくことができます。
  • 研究テーマ:「その場所」で暮らすことの現代的諸相~新潟県十日町市鉢集落におけるエスノグラフィー~
    申請代表者:清水 健太(早稲田大学大学院社会科学研究科)
    暮らしを営む場所はますます恣意的に選択されるようになっている。その中でなお人が「その場所」で暮らすことの意味を再考することが、本プロジェクトのテーマである。
    新潟県十日町市鉢集落は、中心部から9キロほど離れた山あいにある人口150人程の集落である。集落には「真生会」という青年組織がある。真生会の活動を通じた集落への関わりは、真生会の人々にとって、鉢という集落に暮らす意味の重要な部分を占めていると考えられる。その意味がいかにして生成されるのかを、参与観察とインタビューを通じて読み解き、理解することを目指す。
  • 研究テーマ:地域と生活に根ざしたおんぶひもの研究
    申請代表者:園田 正世(東京大学大学院学際情報学府)
    本調査では出雲市の染色工房および郷土史資料を調査し、子育てに欠かせないおんぶ具の変遷と全体像理解を目指します。日本では「おんぶ」が長い期間にわたって行われてきたことが絵巻物や写真などで確認できます(大藤,1968,黒田,1989,須藤,2001,他)が、身近にあるキモノの帯や布を縫い直して流用していました(阿部他,2014)。現存する地域の特色が残る独自のおんぶ具制作及び歴史調査を行います。
  • 研究テーマ:「家」としての守り方~野口英世生家と島薗家住宅を含めた生活の展示を対象とした調査・研究~
    申請代表者:本橋 仁(京都国立近代美術館)
    文化財として保存された住宅を対象に、その内部展示に焦点を当てることで、ソフトとしての「家」の残され方についての研究をおこなう。
    野外博物館における「演示品」や、ボランティアによる様々な活動による生活の演出は、まさに住み手の喪失を補完しようとするものといえる。こうした、生活・文化の展示の試みについて事例調査をおこない、「家」というイメージの成立要素、またその変遷を探る。さらに、本プロジェクトチームでは、2017年秋に東京都文京区の島薗邸での演劇、あるいはそれに代替される表現活動も予定しており、これら研究の展開として位置づける。
  • 研究テーマ:変化を迫られる葬儀と人々の対応~アフリカ・ボツワナ共和国に生きる狩猟採集民ブッシュマンを事例に~
    申請代表者:杉山 由里子(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
    ボツワナに生きるサンの生活は、国家のマジョリティであるツワナの文化や社会の在り方が国家の統一的なシンボルとなって国民統合が進められたため、伝統的な遊動・狩猟採集生活から定住・集住生活へと大きく変化している。葬儀もその例外ではなく、遊動時代の一様で簡単なサンの埋葬方法は、現在は時間と費用をかけるツワナ式の葬儀にかわっている。本研究はツワナとサンのそれぞれの葬儀の変化に注目し比較していくことで、サンが社会変容を背景にいかにツワナの葬儀を変化させながら取り入れているか、またその新しい葬儀の実践がサンの社会や生活において、どのように経験されているのか検討していくことを目的とする。
  • 研究テーマ:「トランスナショナルな生活世界」を社会にひらく映像ワークショップについての研究
    申請代表者:大橋 香奈(慶應義塾大学大学院)
    「トランスナショナルな生活世界」とは、異国の地に移住した人びとが、母国や他国で暮らす「家族」との国境を越えた交流を続けることで成立する。筆者は「トランスナショナルな生活世界」を生きる「個」の姿を映像によって描き出すために、6名の調査対象者に1年間に渡る映像民族誌的調査を実施してきた。その成果である映像民族誌作品を、広く社会にひらくために、上映と対話を組み合わせたワークショップを企画し実践する。
  • 研究テーマ:『婦女新聞』に見る大正期から昭和戦前・戦中期の裁縫文化に関する研究
    申請代表者:横川 公子(武庫川女子大学)
    実用記事を載せるようになった大正期から昭和17年(終刊)までの平和と人間尊重という『婦女新聞』の理念と実用記事の思想との重層的傾向に着目する。それを通して、時代に応じて、『婦女新聞』が発信した生活改善等の記事によって、女性の生活モデルと裁縫文化が担う歴史的・社会的な役割や生活の理想、女子高等教育への要請との関係性をあぶりだしたい。
  • 研究テーマ:左義長の社会的機能と空間的変遷に関する研究(滋賀県栗東市)
    申請代表者:笠井 賢紀(龍谷大学社会学部)
    滋賀県栗東市をフィールドにして、小正月の行事「左義長(さぎちょう)」の変遷を追う、昨年度の生活学プロジェクトの発展版です。1年目は2地区での聞き取り調査でしたが、2年目の今年度は範囲を市内全域に広げるとともに、空間的(地図)・時間的(年表)な把握と表現に試みます。左義長の調査を通じて、地域社会のあり方や子どもの社会化機会についても論じられればと考えています。
  • 研究テーマ:たのしくおいしく生活防災「カンパンキャンペーン」
    申請代表者:尾内 志帆(カンパンシスターズ(手の物語有限会社)
    乾パンは、食糧備蓄の代表として親しまれながらも、災害時以外に触れる機会は少なく、賞味期限切れの備蓄を抱える例も少なくない。本プロジェクトでは、「生活防災」の視点から、乾パンを日常生活のなかで楽しみながら活かす方法を探り、そのプロセスの情報発信・共有(冊子、WEB、イベント)により、食糧備蓄の効果的なサイクル方法を提案する。一連の実践を通じて、個々の防災意識の向上、ひいては自立・自律型社会の一助を目指す。なお、成果は来年度の学会大会で研究発表を行う。

 

2016年度生活学プロジェクトの採択プロジェクトの概要

 

2016年度生活学プロジェクトの採択プロジェクトの概要

2016年度は、数多くの応募をいただきました。限りある予算の中で、採択を受諾された応募者の方に感謝いたします。以下概要を紹介します(50音順・文体は申請通り)。 (さらに…)

生活学プロジェクト

 

生活学プロジェクト

日本生活学会事業委員会

2015年度より始まった生活学プロジェクトは、若手会員・多様な人材の育成・支援、研究参画の機会の提供、成果発表の機会の提供、学会内外の研究交流、学会の社会的発言力の強化を目的として、生活学に関わる研究活動、ワークショップやフィールドワーク、講座、その他、学会の目的(会則第4条)に即した活動を対象に、助成を行っています。
採択されたプロジェクトは、「日本生活学会・生活学プロジェクト」として生活学会が運営する各種媒体で内容を発表することができるほか、様々な媒体にて生活学の存在を知らしめていただく役目を担うことになります。

(参考資料)

PAGETOP
Copyright © 日本生活学会 All Rights Reserved.