人間のいるところ、かならず生活がある

日本生活学会研究論文賞

(2009年9月26日改正)

日本生活学会は、生活学の振興と研究の奨励を目的として、日本生活学会研究論文賞を制定する。

1.授賞の対象は、1月1日より12月31日までの、『生活学論叢』など当学会の編集、刊行する印刷物に発表された論文、

および研究発表大会、月例研究会その他、当学会の主催する研究会等で発表された報告、前記諸報告のデーターを用いてまとめられた論文、著書等とする。なお、該当者のないときは授与しない。

2.受賞者の資格は日本生活学会会員とする。

3.受賞者には、賞状を授与する。

4.受賞者の選考は選考委員会が行い、理事会で決定する。

5.選考委員会は理事会が指名したものをもって構成する。

6.授賞式および選考報告は、毎年、日本生活学会の総会において行う。

以 上

 

 

日本生活学会研究論文賞一覧

 

年月日 受 賞 者 受賞作品 掲 載 号
1 2009.5.9 和崎 聖日 多民族都市タシュケントの欲動―ポスト・ソヴィエト・ウズベキスタンにおける物乞い生活者像が照らすもの― 『生活学論叢』Vol.13,3-14頁
渡部 圭一 神事と禁忌の高度経済成長―近江における宮座の戦後史分析 『生活学論叢』Vol.13,29-43頁
2 2010.5.8 水島かな江 明治期の家政書からみた庭と家族に関する研究 『生活学論叢』vol.15
3 2011.5.14 該当者なし
4 2012.6.2 該当者なし
5 2013.6.1 該当者なし
6 2014.5.10 該当者なし
7 2015.5.23 佐々井飛矢文 現代生活の中での害獣駆除
―害獣駆除活動の楽しみの要素に注目して―
『生活学論叢』vol.25 所収
8  2016.5.21  石野 由香里  演じる行為が自己相対化と他者理解を促す効果
─問題発見型フィールドワークで遭遇したシーンを再現する手法の開発─
 『生活学論叢』vol.27 所収

Update: 2016-07-02

PAGETOP
Copyright © 日本生活学会 All Rights Reserved.