人間のいるところ、かならず生活がある

学会最新情報

  • HOME »
  • 学会最新情報

2021年度三学会共催シンポジウムの日程とプログラムのお知らせ

 

日本生活学会事業委員会からのお知らせです。

延期となっていた三学会(日本民具学会、道具学会、日本生活学会)共催シンポジウムが次の通り9月11日にオンラインで開催される予定です。参加方法などは後日あらためてお知らせいたします。

2021年度三学会(日本民具学会 道具学会 日本生活学会)共催シンポジウム
テーマ: 民具と道具と生活用具―モノから暮らしをみつめる―
日 時:2021年9月11日(土)13:00 ~17:00
会 場:オンライン(Zoom)

◆プログラム
総合司会  安室知(日本民具学会・神奈川大学教授)
<開催挨拶>
13:00~13:05 菊池健策(日本民具学会会長)

<発表(各40分)>
13:05~13:45
宇田哲雄(日本民具学会・川口市教育委員会文化財課課長補佐)「石炭ストーブと日本文化」
13:45~14:25
石川義宗(道具学会・長野大学企業情報学部准教授)「日本の暮らしと椅子  明治から100年間を概観する」
14:25~15:05
石村眞一 (日本生活学会・ 九州大学名誉教授)「木製容器の使用にみられる多様性」
15:05~15:15 休憩
15:15~15:55 
山田昌久(日本民具学会・首都大学東京 大学教育センター特任教授)「出土器具から見る道具の形態変化・機能変化・器種分化の歴史」
15:55~16:10 休憩

<ディスカッション(45分)>
16:10~16:55 ディスカッション
コメンテーター
菊池健策(日本民具学会会長)・真島俊一(日本生活学会・TEM研究所所長)

<閉会挨拶>
16:55~17:00 藤本清春 (道具学会会長)

日本生活学会会員への事業公募(2021年度生活学プロジェクト)のお知らせ

 

学会会員への事業公募(2021年度生活学プロジェクト)のお知らせです。

日本生活学会では、「生活学プロジェクト」と題して、若手会員・多様な人材の育成・支援、研究参画の機会の提供、成果発表の機会の提供、学会内外の研究交流、学会の社会的発言力の強化を目的とし、生活学に関わる研究活動、ワークショップやフィールドワーク、講座、その他、学会の目的(会則第4条)に即した活動を対象に、助成を行っています。

採択されたプロジェクトは、「日本生活学会・生活学プロジェクト」として学会が運営する各種媒体で内容を発表することができます。終了後も、当該プロジェクトの成果を発表するシンポジウム・講演会等では、学会の後援を申請することができます。

なおこれまで採択されたプロジェクトについては、学会のサイトで紹介しておりますので参照ください。

http://lifology.jp/seikatsuproject/

2021年度 募集要項

※応募締切は2021年7月16日(金)17:00 、募集要項に掲載の専用フォームからの応募に限ります。

会員の皆さまからのご応募をお待ちしております。

【終了】第48回日本生活学会総会・シンポジウム・研究発表大会

 

第48回日本生活学会総会・シンポジウム・研究発表大会を開催いたします。 シンポジウム・研究発表大会へ参加するための事前登録を6月11日まで受けつけています。
※発表エントリーの受付は2021年3月26日をもって終了しました。
https://lifology48.peatix.com/

詳細は大会特設ウェブサイトもご覧ください。
◆第48回研究発表大会特設ウェブサイト 
https://sites.google.com/keio.jp/lifology48/

シンポジウムポスターはこちら


生活学論叢第39号原稿募集のお知らせ

 

生活学論叢第39号の原稿を募集します。
締切は4月30日(消印有効)です。詳しくは、こちらをご覧ください。
皆様のご応募をお待ちしております。

2020年度 今和次郎賞および日本生活学会研究論文賞受賞者選定に関して

 

2020年12月25日
日本生活学会
会長  有末 賢

日本生活学会は、今和次郎賞規定および日本生活学会研究論文賞規定に則り、2020年度今和次郎賞および日本生活学会研究論文賞受賞者選定を行うことになりました。
つきましては、会員の皆様からの推薦をいただきたいと考えますので、推薦状書式を学会ホームページよりダウンロード頂きご記入の上、2021年2月1日(月)までに下記送付先の学会事務局宛へお送り下さい(両賞とも推薦は会員のみ可能とさせていただきます)。
日本生活学会研究論文賞選定については、対象の『生活学論叢』掲載論文一覧をご参考ください。


(さらに…)

第25期日本学術会議新規会員任命拒否に対する声明

 

2020年10月10日

日本生活学会 会長 有末 賢
日本生活学会理事会

第25期日本学術会議の新規会員任命に際し、日本学術会議が推薦した105名の会員候補者のうち6名を内閣総理大臣は任命せず、その理由も明らかにしていない。このような決定は、自由闊達な研究活動・意見表明を阻害し、ひいては憲法23条が保障する「学問の自由」に対する介入ともなりえる。

周知のとおり、日本学術会議は、生活に大きな惨禍をもたらした第二次世界大戦に科学が協力したことへの反省から設立され、政府と独立して職務を行う「特別な機関」と位置づけられてきた。その自由独立した活動こそが本質であり、今回の政府の決定は極めて遺憾とせざるを得ない。

この問題が将来の生活の危機へつながるであろうことを強く懸念し、「生活の危機」の克服と「生活擁護」を設立理念に掲げてきた日本生活学会は、内閣総理大臣による任命拒否に抗議し、6名の任命拒否理由のすみやかな開示と6名の会員への任命を求めるとともに、協力学術研究団体として日本学術会議には毅然とした対応を願うものである。

日本生活学会 事務局

〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5アカデミーセンター内
電話番号:03-6824-9374 FAX番号:03-5227-8631
E-mail:lifology@bunken.co.jp

生活学論叢第38号原稿募集のお知らせ

 

  生活学論叢第38号の原稿を募集します。
  締切は10月31日(消印有効)です。詳しくは、こちらをご覧ください。
  皆様のご応募をお待ちしております。

メディア掲載情報

 

有末賢会長の「新しい生活様式」、および塩月亮子副会長の「祭礼の変化」に関する記事が読売新聞に掲載されました。
コロナ禍での「生活」を考えるうえで、日本生活学会に対し取材申し込みがあり記事になりましたので、お知らせいたします。
(さらに…)

1 2 3 13 »

カテゴリー

  • facebook
PAGETOP
Copyright © 日本生活学会 All Rights Reserved.