日本生活学会事業委員会からのお知らせです。

延期となっていた三学会(日本民具学会、道具学会、日本生活学会)共催シンポジウムが次の通り9月11日にオンラインで開催される予定です。参加方法などは後日あらためてお知らせいたします。

2021年度三学会(日本民具学会 道具学会 日本生活学会)共催シンポジウム
テーマ: 民具と道具と生活用具―モノから暮らしをみつめる―
日 時:2021年9月11日(土)13:00 ~17:00
会 場:オンライン(Zoom)

◆プログラム
総合司会  安室知(日本民具学会・神奈川大学教授)
<開催挨拶>
13:00~13:05 菊池健策(日本民具学会会長)

<発表(各40分)>
13:05~13:45
宇田哲雄(日本民具学会・川口市教育委員会文化財課課長補佐)「石炭ストーブと日本文化」
13:45~14:25
石川義宗(道具学会・長野大学企業情報学部准教授)「日本の暮らしと椅子  明治から100年間を概観する」
14:25~15:05
石村眞一 (日本生活学会・ 九州大学名誉教授)「木製容器の使用にみられる多様性」
15:05~15:15 休憩
15:15~15:55 
山田昌久(日本民具学会・首都大学東京 大学教育センター特任教授)「出土器具から見る道具の形態変化・機能変化・器種分化の歴史」
15:55~16:10 休憩

<ディスカッション(45分)>
16:10~16:55 ディスカッション
コメンテーター
菊池健策(日本民具学会会長)・真島俊一(日本生活学会・TEM研究所所長)

<閉会挨拶>
16:55~17:00 藤本清春 (道具学会会長)